巨人・菅野はメジャー再挑戦を諦めず…“実質エース”愛弟子・戸郷翔征の成長も後押し

公開日: 更新日:

「まだ、諦めていないらしい。一応、マークは続けています」とは、さるメジャー球団の米国人スカウト。16日のDeNA戦で約1カ月ぶりの一軍マウンドに上がった巨人菅野智之(32)が今オフ、再びメジャー挑戦する可能性があるというのだ。

■約1カ月ぶりの登板で6敗目

 先月20日にコロナ陽性判定を受けた菅野はこの日、6回6安打3失点で6敗目。MAX152キロを記録するなど球威は戻りつつあるが、メジャー入りを目指してポスティング申請した2020年オフとは置かれた立場は激変している。

 今季はこれで6勝6敗(防御率3.61)。4月には右ひじの違和感を訴え、離脱した。昨季も6勝7敗(同3.19)。足やひじの違和感などで4度も登録を抹消され、数字的には2年連続9勝の戸郷翔征(22)にエースの座を譲っているのが現状である。

■愛弟子にエースの座を譲り

「その戸郷の成長が、菅野のメジャー再挑戦を後押しする可能性はあると思う。菅野にとって戸郷は、入団当初から目をかけ、自主トレでも面倒を見てきた、いわば愛弟子です。その愛弟子が、入団4年目の今季、ついに2ケタ勝利をマークし、殻を破りかけている。世代交代が進み、後顧の憂いなくじゃないが、メジャー再挑戦に打って出る環境は整いつつある。菅野も今年10月で33歳。メジャーという夢をかなえるには残された時間は少ないですから。問題は、14勝2敗、防御率1.97という抜群の成績を残した20年ですら交渉がまとまらなかったメジャー球団から、今の状態で引きがあるかどうかということですけど」(巨人OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景