巨人・菅野はメジャー再挑戦を諦めず…“実質エース”愛弟子・戸郷翔征の成長も後押し

公開日: 更新日:

「まだ、諦めていないらしい。一応、マークは続けています」とは、さるメジャー球団の米国人スカウト。16日のDeNA戦で約1カ月ぶりの一軍マウンドに上がった巨人菅野智之(32)が今オフ、再びメジャー挑戦する可能性があるというのだ。

■約1カ月ぶりの登板で6敗目

 先月20日にコロナ陽性判定を受けた菅野はこの日、6回6安打3失点で6敗目。MAX152キロを記録するなど球威は戻りつつあるが、メジャー入りを目指してポスティング申請した2020年オフとは置かれた立場は激変している。

 今季はこれで6勝6敗(防御率3.61)。4月には右ひじの違和感を訴え、離脱した。昨季も6勝7敗(同3.19)。足やひじの違和感などで4度も登録を抹消され、数字的には2年連続9勝の戸郷翔征(22)にエースの座を譲っているのが現状である。

■愛弟子にエースの座を譲り

「その戸郷の成長が、菅野のメジャー再挑戦を後押しする可能性はあると思う。菅野にとって戸郷は、入団当初から目をかけ、自主トレでも面倒を見てきた、いわば愛弟子です。その愛弟子が、入団4年目の今季、ついに2ケタ勝利をマークし、殻を破りかけている。世代交代が進み、後顧の憂いなくじゃないが、メジャー再挑戦に打って出る環境は整いつつある。菅野も今年10月で33歳。メジャーという夢をかなえるには残された時間は少ないですから。問題は、14勝2敗、防御率1.97という抜群の成績を残した20年ですら交渉がまとまらなかったメジャー球団から、今の状態で引きがあるかどうかということですけど」(巨人OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?