阪神・糸井“引退試合”で有終の美も…矢野監督の起用法に広島からブーイングのワケ

公開日: 更新日:

「ありえない使い方でしょ!」

 甲子園で行われた21日の阪神広島戦。この日が引退試合となった糸井嘉男(41)の矢野燿大監督(53)による起用を巡って、広島のチーム内外でブーイングが起きているという。

 2点を追う五回、9番西純の打席で、矢野監督は糸井をコール。球場は大歓声に包まれた。フルカウントからの8球目、森下の外角の直球を左前に弾き返し、スタンドの虎ファンのボルテージは最高潮に。41歳の大ベテランはこうして「有終の美」を飾ったわけだが、広島サイドからすれば「たまったもんじゃない」というわけだ。

 広島OBが代弁する。

「19日のヤクルト戦が台風で10月2日に延期にならなければ、阪神にとって、この日が甲子園での最終戦となる予定だった。引退試合をやるのはわかるが、広島と阪神はこの日まで同率で4位に並び、3位巨人を含めてCS進出をかけて争っている。そんな大事な試合で糸井を使うなら、初回の先頭打者であったり、最も勝敗に関係ない場面で起用するのがスジです。にも関わらず、矢野監督は大事な局面である五回に代打で起用。森下もこの日は制球が安定しない中、糸井に対してオール直球の配球をせざるを得なくなり、苦しい投球を強いられた。その後、糸井は中野の三ゴロの間に二塁で封殺され、菊池の一塁悪送球もあったものの、糸井の安打が阪神の得点に繋がったわけですから」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    中田翔に楽天・安楽のパワハラ騒動が飛び火! かつての“問題児”中村紀洋氏は浪人2度を経験

    中田翔に楽天・安楽のパワハラ騒動が飛び火! かつての“問題児”中村紀洋氏は浪人2度を経験

  2. 2
    南野陽子ついにクズ夫と離婚…1300万円結婚指輪“自腹購入”の哀れと結婚直後に剥がれた“化けの皮”

    南野陽子ついにクズ夫と離婚…1300万円結婚指輪“自腹購入”の哀れと結婚直後に剥がれた“化けの皮”

  3. 3
    楽天・安楽智大「クビ」待ったなし! 暴行、パワハラ、タカリだけじゃない問題児ぶり

    楽天・安楽智大「クビ」待ったなし! 暴行、パワハラ、タカリだけじゃない問題児ぶり

  4. 4
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 5
    阿部巨人は山﨑福也にフラれてむしろ吉! 金満FA補強→生え抜き育成へ「大転換」の絶好機

    阿部巨人は山﨑福也にフラれてむしろ吉! 金満FA補強→生え抜き育成へ「大転換」の絶好機

  1. 6
    マフィンの食中毒騒動があぶり出した過剰な「添加物嫌い」…過去に山崎製パンが投じた一石

    マフィンの食中毒騒動があぶり出した過剰な「添加物嫌い」…過去に山崎製パンが投じた一石

  2. 7
    楽天・安楽智大の陰湿イジメ騒動は生徒集めに影響していますか? 母校の済美を直撃した

    楽天・安楽智大の陰湿イジメ騒動は生徒集めに影響していますか? 母校の済美を直撃した

  3. 8
    慶応幼稚舎出身の大金持ちを紹介され…白馬に乗った王子様のはずが…

    慶応幼稚舎出身の大金持ちを紹介され…白馬に乗った王子様のはずが…会員限定記事

  4. 9
    NHK夜ドラ「ミワさんなりすます」は“なりすましドラマ”の大本命!

    NHK夜ドラ「ミワさんなりすます」は“なりすましドラマ”の大本命!

  5. 10
    南野陽子は夫逮捕で振り回され…“ダメ夫”に見切りをつけた高岡早紀との分かれ道

    南野陽子は夫逮捕で振り回され…“ダメ夫”に見切りをつけた高岡早紀との分かれ道