巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

公開日: 更新日:

「原監督とたくさんのガッツポーズができるように頑張りたい」

 23日に行われた巨人の新入団発表。ドラフト1位の浅野翔吾(高松商)がこう意気込んだ。

 14人の新人とともにステージに登壇した原辰徳監督(64)は「心強いメンバーが加わった。今年のドラフトは100点満点。近々未来と言わず、今年の大勢のように一軍でプロ野球選手として勝ち誇れる選手が出てくると思う」とハッパをかけた。

FA戦線カヤの外

 その原監督、今オフは大型補強に乗り出すと思いきや、動きはおとなしい。オリックス入りが決まった前西武森友哉(27)ら複数のFA選手の獲得調査を行ったものの、争奪戦はカヤの外。目立った補強はソフトバンクを構想外になった松田宣浩(39)と、広島長野久義(37)が5年ぶりに復帰するくらいだ。今後はせいぜい米球界でプレーする有原航平(30)や筒香嘉智(30)、外国人選手を獲得するしかないだろう。

 そうなると浅野に対する期待は高まる。高卒外野手の1位指名は巨人史上初。野手全体を見ても、大物高校生の1位は2008年ドラフトでソフトバンクと競合した大田泰示(現DeNA)以来だ。巨人OBが言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由