元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

決勝Tクロアチア戦もFW前田大然の“鬼プレス”に期待 森保監督も「犠牲心」に賛辞送る

公開日: 更新日:

12月2日

 スペイン戦の劇的逆転勝ちで「死の組」1位通過を決めた日本。ラウンド16で対峙するのはW杯で2度ぶつかり、未勝利のクロアチア。2018年ロシアW杯準優勝国にしてMVPに輝いたモドリッチ(Rマドリード)を擁する難敵である。

「非常に柔軟に粘り強く戦えるチームです。ロシアW杯で見た時に本当に素晴らしいチームだと思った」と森保一監督。ボール支配率はドイツ戦やスペイン戦よりは上がるだろうが、今回も最前線の韋駄天FW前田の「鬼プレス」に大きな期待が寄せられるところだ。 

 スペイン戦の後半開始3分。前田は相手GKに猛烈なプレスを掛けてキックミスを誘い、伊東のボール奪取から堂安の同点弾につなげた。

「後半の最初、プレスに行くとチームの中で決まって、全体でプレスを掛けられてハマった。うまくできたのかなと思います」と本人もしてやったりの表情を浮かべた。

 ずぬけたスプリント能力と卓越したスピードを駆使した前線からの献身的守備という武器は、16年にプロキャリアをスタートさせた松本山雅(当時J2)時代の経験が大きい。指揮官だった反町康治・現JFA技術委員長が堅守速攻を志向。前田は「ソリさんからは前からボールを追う重要性を叩き込まれた」と口癖のように言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」