谷原秀人JTカップ連覇で「JGTO内部抗争」激化か…水面下で進む青木功会長降ろし

公開日: 更新日:

ゴルフ日本シリーズJTカップ】最終日

 最終日は4打差5位タイ発進の谷原秀人(44)がボギーフリーの5バーディーを奪う65で回り、逆転で史上6人目の大会連覇を遂げた。

 谷原は今年からスタートしたサウジアラビア政府系ファンドが出資する新たな高額賞金ツアー「LIVゴルフ招待」5試合に出場。個人戦ではトップ10が一度もなかったが、1億円もの大金を稼いでいる。その一方で選手会長でありながら、選手会が企画した大会を欠場して問題になったり、大会主催者から出場を拒否されるなど話題に事欠かなかった。

「これで日本ゴルフツアー機構(JGTO)の会長選挙に影響が出るかもしれない」と評論家・宮崎紘一氏がこう言う。

■青木会長への不信感

「そもそもJGTOは選手の国内と海外との掛け持ちを認めており、LIVゴルフに出場してはいけないという規則もない。騒動の原因は選手がLIVゴルフに出場した際にどうなるのか、PGAツアーに確認していなかったことにある。LIVゴルフ出場を理由に、国内の大会主催者が谷原の出場を拒否した際も、JGTOは選手の権利として認めている以上、本来なら選手を守る立場です。だが擁護することなく、谷原の執行部への不信感が高まっていった。次期会長選挙には谷原が執行部に招聘した三木正浩副会長を会長に推す方針で、現・青木功体制との対立がすでに水面下で動き出しているといいます」

 選手会長の谷原は今回の優勝で人事改革に大きな影響力を与え、一気にJGTOの内部抗争が激化しそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う