岡田監督もビックリ! 阪神の“格安助っ人”ミエセスは「掘り出し物」かもしれない

公開日: 更新日:

「ビックリした。ウォーカー以上。迫力あるで」

 阪神岡田彰布監督(65)は、今季23本塁打を放った巨人の助っ人を引き合いに、こう評した。

 1年50万ドル(約6800万円)で獲得した新助っ人のヨハン・ミエセス外野手(27=レッドソックス3A)のことだ。

 メジャー経験はないものの、今季はレッドソックス3Aで60試合に出場し、打率.271、12本塁打、35打点、出塁率.387、OPS.923をマーク。185センチ、120キロの巨漢で、昨夏の東京五輪ではドミニカ共和国代表として銅メダルに貢献。3位決定戦の韓国戦で、元阪神の呉昇桓から左翼へ特大アーチを放った。大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏が言う。

「以前は大振りで三振が多かったが、近年は四球数が増え、出塁率がアップ。相手投手の左右は苦にしないし、今季の得点圏打率も.316。特に七回以降の終盤に強い(打率.417)。成績だけを見ればメジャーから声がかかってもおかしくなかったが、120キロの体重や、マイナー通算626試合で守備率.967と低いことがネックになったのかもしれない。レッドソックスのスカウティングリポートによると、守備については『かなりの強肩だが、普段のルーティンプレーでミスをする。送球判断もイマイチ』とある。年齢的にも27歳と中堅の域に入り、適齢期を過ぎたとみなされた可能性もあります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽