早草紀子
著者のコラム一覧
早草紀子フォト・ジャーナリスト

兵庫・神戸市生まれ。東京工芸短大写真技術科卒業。在学中のJリーグ元年からサッカー誌に寄稿。1994年からフリーランスとしてサッカー専門誌を主戦場に活躍。1996年からは日本女子サッカーリーグのオフィシャルカメラマンを務め、女子サッカー報道の先駆者として幅広く活動した。日本サッカー協会公式サイトで長年、女子サッカーのコラムを担当。現在Jリーグ・大宮アルディージャのオフィシャルカメラマン。「紡 なでしこジャパンが織りなす21の物語」「あすなろなでしこ」「なでしこの教え」など著作多数。

W杯前のテストマッチは1勝1敗…収穫は「粘り強く勝利を引き寄せる勝負強さ」

公開日: 更新日:

 7月20日に開幕する女子ワールドカップ(オーストラリア・ニュージーランド共同開催)前、最後の海外遠征となった今回のポルトガル(世界ランク21位。現地4月7日。〇1-2) 、デンマーク(15位。11日。●1-0)との2連戦をなでしこジャパン(11位)は1勝1敗で終えた。

 初夏の日差しでとにかく陽気な雰囲気満載のポルトガル。現地のトレーニングでも選手たちは終始、リラックスした様子で調整を進めていた。

■長谷川がポルトガル戦で1ゴールアシスト

 試合は、格下と目されたポルトガルに立ち上がりは攻め込まれ、まさかの先制を許す展開に。それでも落ち着いて流れを奪うと前半のうちに杉田妃和(ポートランド・ソーンズ)のタテパスから最後は長谷川唯(マンチェスター・シティ)が決めて同点に追い付いた。

 後半には長谷川からのロングパスを田中美南(INAC神戸レオネッサ)が決勝弾を放った。

 ワールドカップの初戦という位置付けで臨んだポルトガル戦で、ぎくしゃくした入りではあったが、試合をひっくり返したことは収穫のひとつだ。 

 ランク20台の相手ではあったが、今のなでしこジャパンはビハインド展開から粘り強く勝利を引き寄せる勝負強さが、あまり見られなかっただけに、この一戦のシミュレーションを考えれば、まずまずの着地だった。

 翌8日、一日かけてデンマークに移動してみれば、覚悟していたほど寒さは厳しく感じない。とはいえ、風が強く、夜になれば気温は3度前後まで下がることもある。

 ヨーロッパ風情のあるカフェバーは、テラス席にも人が溢れかえっていた。もちろん、みなブランケット使用だ。膝にかけるなんて甘いものではない。頭からくるまっている人もチラホラ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ