著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

30歳になった岩渕真奈はスタミナ面に不安…点を奪うための「ジョーカー」として起用したい

公開日: 更新日:

 7月20日に開幕する女子サッカーW杯(オーストラリア・ニュージーランド共催)を控え、欧州遠征中のなでしこジャパン(世界ランク11位)。日本時間8日に21位のポルトガル戦を終え、12日には15位のデンマークと対戦する。

 ポルトガル戦は先制を許しながら、MF長谷川唯とFW田中美南のゴールで逆転勝ちした。今欧州遠征前に7位のスペイン、9位のブラジル、1位の米国にいずれも0-1負けを喫したが、強豪相手の1失点負けは悲観する数字ではないし、米国戦後の6位カナダ戦は3-0で快勝した。

 ポルトガル戦では、中盤のエースに成長した長谷川の守備的なアンカー起用など疑問点も見られたが、それでもきっちり逆転勝ちしたことは評価したい。W杯本大会に向けて好材料となった。

 後半14分、背番号10を背負ったMF岩渕真奈が投入された。

 なでしこが初の世界女王となった2011年W杯ドイツ大会にチーム最年少の18歳で参戦した岩渕も、この3月で30歳となった。このところ度重なるケガにも悩まされており、万全のコンディションでプレーできない状況も少なくない。往年の切れ味、スピード、運動量が失われ、プレーからダイナミックさが、やや消えてしまった感があることを残念に思う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白