ダル早くも2敗目も…今季は期待大のワケ メジャーの主力投手はスロースターターばかり

公開日: 更新日:

 1998年から3年連続でワールドシリーズを制したヤンキースの主力投手陣、クレメンスやペティットやリベラたちはみな、スロースターターだった。“本番”はあくまでも10月のポストシーズン。チームの目標はワールドシリーズ制覇で、プレーオフで活躍してこそ価値を認められる。開幕から飛ばしてたんじゃ、最後までもたないと考えていたからだ。

 ダルビッシュ有(36=パドレス)の開幕3戦目となった日本時間17日の対ブルワーズ戦は7回を4安打1失点、12奪三振と好投しながら、打線の援護に恵まれず今季2敗目。2戦連続で100球以上を投じながら、今季初勝利はまたもお預けとなった。 

 これで開幕3試合で0勝2敗、防御率3.44だが、決して開幕からエンジンを吹かしているわけではない。チームのスプリングトレーニングをパスし、WBC日本代表の合宿に参加。WBC本番も「スプリングトレーニングの延長」と話していた通りの投球内容で、米国との決勝では本塁打を浴びるなどピリッとしなかった。

 パドレスもまた、ワールドシリーズ制覇を目標にしている。ダルは強豪チームのエースとして、昨年はポストシーズン計4試合で2勝1敗、防御率2.88。メッツ、ドジャースを下してのリーグ優勝決定シリーズ進出に大きく貢献した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う