原英莉花が国内メジャー3つ引っ提げ米ツアー挑戦 お手本は古江彩佳の「メンタル操縦術」

公開日: 更新日:

【日本女子オープン】最終日

「どん底」からの復活劇に涙はなかった。

 1日の日本女子オープン最終日(福井・芦原GC海コース=6528ヤード・パー72)。通算11アンダー首位発進の原英莉花(24)が68をマークし、通算15アンダーで3年ぶり2度目の頂点に立った。前回(2020年)はコロナ禍で無観客での優勝だったが、今年は豪快なショットで大ギャラリーを沸かせた。

 5月に持病の腰痛が悪化してヘルニア摘出手術を受けた原は、8月の「北海道meijiカップ」からツアーに復帰。そこからわずか8試合目での復活劇を誰が予想できたか。2年ぶりのツアー通算5勝目は公式戦3勝目。ビッグゲームに強い「エリカ様」をファンに印象付けた。

「今大会は、腰にメスを入れたのが嘘のようにドライバーショットからパターまでほとんど隙がなかった。はまった時の強さが出ました」と、ツアー関係者がこう言う。

「今回は悪天候の初日に首位に1打差と好スタートを切り、名物の強い海風も吹かず、イメージ通りの高弾道のフェードで攻めることができた。久しぶりに、彼女本来のプレーを見せてくれた一方で、相変わらず気持ちのコントロールに課題がある。初日に出遅れたり、ここぞという時にミスをすると、気持ちを切り替えられずにズルズルいく。師匠のジャンボ(尾崎)と同じく、クラブに対する感性が鋭く、自分のイメージした球が打てないときもモチベーションが下がる。そうでなければ、とっくに2ケタ勝っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う