羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

試行錯誤を重ねる渋野日向子は試合に出続けなければ「壁」を乗り越えることはできない

公開日: 更新日:

 ファンが注目した渋野日向子の今季初戦「ホンダLPGAタイランド」は通算1オーバー69位。2日目に7バーディー、1ボギーの66で通算6アンダーの17位まで浮上するも3日目以降に大きく崩れてしまいました。

 昨年から新たなコーチの下でスイング改造に取り組んでいるそうです。アドレスに入るとバックスイングの軌道を確認するルーティンを行い、トップはやや高くなっています。ゆっくりクラブを上げて、そのタイミングで振り抜けばいいボールを打っていましたが、スイングのことばかり気にしては目の前の1打に集中できません。

 昨年までのフラットなインサイドアウトのスイングではティーアップできる1打目や平らなライからならコントロールできても、左足下がりやつま先下がり、またはラフからのショットでは精度が落ちます。修正の方向性は誤っていませんが、試合中はショットがしっくりこないというような表情を何度も見せていました。

 私にも経験がありますが、練習で会得したことが、試合でたった1球ミスをすると積み上げてきたものがゼロになってしまう。自信を失い、何をどうすればいいのかわからなくなって迷路に入り込む。ショットでもアプローチでもパットでも、どこかに不安を抱えた状態では優勝を意識するどころか、スコアをつくれず予選落ちばかりが気になる。常に注目されている選手なら、苦しさはなおさらです。それでも試合に出続けて、課題をひとつずつクリアし、新たなスイングをつくりあげていくしかありません。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”