佐藤心結は飛距離が武器 強い下半身は中学時代の砲丸投げで鍛えられた

公開日: 更新日:

佐藤心結(20歳)昨季メルセデスランキング39位

 高校3年で出場した2021年の「スタンレーレディス」では、優勝した渋野日向子とプレーオフを戦ったが、同年にプロ入りしてからは影が薄い。

 中学時代は陸上部。砲丸投げをやっていたので、下半身が強い。トップからの切り返し以降で右脇の引きつけが強く、昨年の平均飛距離は253.92ヤード(10位)。

 飛ばし屋だがスコアに結びつかない。22年は同級生の川崎春花や尾関彩美悠がツアーで優勝し、昨年は神谷そらが2勝、桜井心那は4勝を挙げた。

「焦りもあったのでしょうが、昨季も36試合中、前年と同じ15試合で予選落ちです。長く指導を受けていたコーチと22年末に別れ、今はツアー仲間に助言を求めたり、自分で考えながら戦っている。トラックマン(弾道計測器)も力になっているようだが、課題である小技のレベルを上げることと同時に、メンタルも鍛えるべき。ピンチのときに表情が曇り、気持ちの切り替えもうまくない。失敗を引きずり、連続予選落ちが多い。ミスをしても同伴者と会話したり笑顔を見せて次の一打に集中すればショットは安定し、優勝争いに顔を出すようになるはずです」(ツアー関係者)

  ◇  ◇  ◇

★関連記事【主役は私!】…からは、日刊ゲンダイが厳選した他のニューヒロイン候補の記事を読むことができる。女子ゴルフファンは必読だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ