巨人がビビる“阪神ガラスのエース”の復権 原監督時代「2021年の悪夢」が今でも脳裏に

公開日: 更新日:

 巨人が恐れる阪神の切り札が、交流戦明けの復帰を視野に入れている。

 阪神・髙橋遥人(28)が昨23日、静岡で行われたくふうハヤテ戦に先発。4月17日のオリックスとの二軍戦で893日ぶりに対外試合の登板を果たして以来、復帰後5試合目で最長の3イニングを投げた。打者9人に対し、無安打4奪三振無失点。最速は146キロだった。

 2022年に左肘、23年に左肩を手術したことで、現在は育成契約となっている。静岡は常葉学園橘出身の髙橋の地元。思い出の草薙球場のマウンドで、支配下登録復帰、一軍復帰へ向け、アピールを続けている。

 一方、首位阪神を追う3位巨人にとってこの左腕は、原前監督の時代から顔を見るのも嫌な天敵である。さる巨人OBがこう言う。

「21年のレギュラーシーズンで16イニング連続無失点投球を食らった。9月に6者連続を含む13三振を喫し、プロ初の完封勝利を許した。10月には7回1安打で11三振を奪われた。阪神の投手では4年ぶりとなる対巨人2試合連続2ケタ奪三振で計24三振と手も足も出なかった。この年は阪神に9勝13敗1分けと最も大きく負け越したことでV逸(3位)。巨人ベンチにはいまだに『髙橋遥人アレルギー』が残っている。翌年、髙橋がトミー・ジョン手術のため離脱した時も原監督は『阪神のあの左(投手)はどうした? 今年は帰ってこないのか?』とコーチに確認していたそうです。阿部監督に代わっても、髙橋がいつ一軍に合流するのか気になっている様子です」(前出のOB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ