日本ハム水谷瞬プロ入り時のコーチが明かす覚醒のカギ「(当時)フライはまともに捕れず、バットにも…」

公開日: 更新日:

 交流戦で一気に頭角を表した。交流戦史上最高の打率.438をマークし、首位打者を獲得した日本ハムの水谷瞬(23)だ。

 昨オフの現役ドラフトソフトバンクから移籍してきた「新星」のプロ1年目、ホークスで三軍外野守備走塁コーチを努めていた評論家の飯田哲也氏は、「ここまで活躍するようになって、うれしい限りです」と声を弾ませる。

 水谷は、島根・石見智翠館高からドラフト5位で入団。指名時の山崎賢一スカウトのコメントには、「192センチの大型外野手。50メートル6秒の俊足。打撃は140メートルを超える飛距離も魅力。将来トリプルスリーを狙える逸材」とある。甲子園出場はなく、全国的には無名の存在だったが、スカウト陣が視察した試合で豪快な一発を放ち、将来性を見込んで指名したという。前出の飯田氏は「身体能力は素晴らしかった半面、相当な粗削りでした(笑)」とこう続ける。

「フライはまともに捕れないし、バットにも全然当たらないという感じで。守備、走塁に関しては、基本のキから指導する必要がありました。守備はフライの捕り方、打球の追い方。走塁はリードの仕方、打球判断……。教えたすべてのことが水谷に伝わったかどうかはわからないですけど、本人には、すぐにはうまくならないから、コツコツやっていこう、というような話をしました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで