スタイルの良さが裏目…全日本体操連覇 笹田夏実の“重荷”

公開日: 更新日:

 女子の体操選手といえば「身長が低く、貧乳」というイメージが強いが、全日本個人総合選手権で連覇した笹田夏実(18・日体大)は、ムチムチ(151センチ・45キロ)していて胸も大きい。得意の床では、最後の屈伸ダブルの着地を見事に決めて観客を沸かせた。男性ファンが急増中の美人選手だ。

 跳んだり、走ったりする競技では大きな胸は重いし、動きの妨げになる。

 テニスのシモナ・ハレプ(22=ルーマニア)という選手は、Hカップの巨乳がプレーの妨げになるとの理由から乳房縮小手術を受けた。

 スポーツ選手の体に詳しいフィジカルディレクターの平山昌弘氏が言う。
「旧ユーゴのナショナルスキーチームのコーチ時代、東ドイツ(当時)はドーピング技術が発達しており、女子選手の胸が大きくならないようなクスリを使っているといわれていた。今はドーピング検査が厳しくなったので、そんな薬物があったとしても使っている選手はいないだろうが、それほど大きな胸は競技の邪魔になるのです。私の知人に、器械体操をやっていた自称Dカップの女性がいた。彼女はその胸をスポーツブラできつく押さえ付け、ダイエットで体重を軽くして競技に臨んでいたら生理不順になったと言っていました。それにしても、昨年末に引退した田中理恵さん(26=157センチ・45キロ)のようなスタイルのいい体操選手は昔はいませんでしたね。日体大に所属し、79年からNHK杯を4連覇した加納弥生さん(笹田夏実の母)も、いわゆる普通の体操選手の体格でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る