日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全日本V7に黄信号…内村航平が抱える僧帽筋痛の深刻度

「(難度の高い)Dスコアを落として、確実にできることだけをやるしかない」

 ロンドン五輪の男子体操個人総合金メダリストの内村航平(25)が、珍しく弱音を吐いた。

 8日、世界選手権(10月、中国・南寧)などの代表選考を兼ねた全日本選手権の公開練習が行われ、代表候補選手が揃って調整。会見した内村は前日の練習で左僧帽筋(首の付け根から背中につながる筋肉)を痛めたことを明かし「(若手の成長もあって)相当、危ないんじゃないかな」と、7連覇達成に不安を隠さなかった。

■珍しい左僧帽筋痛

 今季は4月のW杯(東京)に出場し、例年よりも始動が早く、首や肩に負担がかかり故障につながったとみられる。今回痛めた僧帽筋は、つり輪や平行棒、鉄棒、あん馬の4種目で両腕を開く際に使う筋肉。この僧帽筋を痛めると、当然、技の完成度は落ちるため高得点は望めない。体操選手にとっては命綱ともいえる部分。日頃から鍛えているだけに故障するのは珍しいケースだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事