• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腰痛は医者の言葉を信じるな!」伊東信久著

 日本維新の会所属の衆議院議員という顔も持つ整形外科医が、“腰痛が完治しない”理由を明らかにしていく。

 腰痛を訴えて整形外科を受診したとき、多くの場合「湿布で様子を見ましょう」「電気を当てに通ってください」などと言われる。しかし、これらは痛みを感じなくするための治療であり、根本原因は解消されない。また、「加齢のせいなので上手に付き合っていきましょう」などという整形外科医もいる。これは、患者に長く通ってもらって利益を上げたいだけと、著者は一刀両断する。

 本書では、信頼できない医者の言動なども紹介。専門用語を羅列する医者、やってはいけないことばかり言う医者、薬を2週間分以上まとめて出す医者などが要注意だそうだ。
(ワニブックス 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る