「腰痛は医者の言葉を信じるな!」伊東信久著

公開日: 更新日:

 日本維新の会所属の衆議院議員という顔も持つ整形外科医が、“腰痛が完治しない”理由を明らかにしていく。

 腰痛を訴えて整形外科を受診したとき、多くの場合「湿布で様子を見ましょう」「電気を当てに通ってください」などと言われる。しかし、これらは痛みを感じなくするための治療であり、根本原因は解消されない。また、「加齢のせいなので上手に付き合っていきましょう」などという整形外科医もいる。これは、患者に長く通ってもらって利益を上げたいだけと、著者は一刀両断する。

 本書では、信頼できない医者の言動なども紹介。専門用語を羅列する医者、やってはいけないことばかり言う医者、薬を2週間分以上まとめて出す医者などが要注意だそうだ。
(ワニブックス 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード