『抗がん剤10の「やめどき」』長尾和宏著

公開日: 更新日:

 抗がん剤は、すべての患者に平等に効果を発揮するとは限らない。“引き際”を見誤ると寿命を縮めたり、残りの人生をまっとうすることを妨げると本書は警告する。

 まずは、治療開始から2週間目に注意すること。

 体質に合わない場合、抗がん剤が脊髄に悪影響を及ぼし、赤血球や白血球が大幅に減少するのがこの頃だ。耐え難い副作用があるのに我慢して続けていると、後の治療に悪影響を及ぼす可能性もある。

 また、ファーストライン(最初の抗がん剤治療)が終了した後、医師にセカンドライン(違う種類の抗がん剤)を勧められた場合も要注意。セカンドはファーストよりも、治療成績や延命効果の期待値は低い。

 真実を知っておき、治療法を選択することが重要だ。
(ブックマン社 1333円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  9. 9

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る