『抗がん剤10の「やめどき」』長尾和宏著

公開日:  更新日:

 抗がん剤は、すべての患者に平等に効果を発揮するとは限らない。“引き際”を見誤ると寿命を縮めたり、残りの人生をまっとうすることを妨げると本書は警告する。

 まずは、治療開始から2週間目に注意すること。

 体質に合わない場合、抗がん剤が脊髄に悪影響を及ぼし、赤血球や白血球が大幅に減少するのがこの頃だ。耐え難い副作用があるのに我慢して続けていると、後の治療に悪影響を及ぼす可能性もある。

 また、ファーストライン(最初の抗がん剤治療)が終了した後、医師にセカンドライン(違う種類の抗がん剤)を勧められた場合も要注意。セカンドはファーストよりも、治療成績や延命効果の期待値は低い。

 真実を知っておき、治療法を選択することが重要だ。
(ブックマン社 1333円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る