• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

『抗がん剤10の「やめどき」』長尾和宏著

 抗がん剤は、すべての患者に平等に効果を発揮するとは限らない。“引き際”を見誤ると寿命を縮めたり、残りの人生をまっとうすることを妨げると本書は警告する。

 まずは、治療開始から2週間目に注意すること。

 体質に合わない場合、抗がん剤が脊髄に悪影響を及ぼし、赤血球や白血球が大幅に減少するのがこの頃だ。耐え難い副作用があるのに我慢して続けていると、後の治療に悪影響を及ぼす可能性もある。

 また、ファーストライン(最初の抗がん剤治療)が終了した後、医師にセカンドライン(違う種類の抗がん剤)を勧められた場合も要注意。セカンドはファーストよりも、治療成績や延命効果の期待値は低い。

 真実を知っておき、治療法を選択することが重要だ。
(ブックマン社 1333円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る