「海賊党の思想」浜本隆志氏

公開日: 更新日:

<「ドイツ海賊党が主張するネットの自由、政治の透明化は大きな社会的テーマです」>

「今日、インターネットは日常生活で不可欠なメディアですが、ネット資本や権力をもつ側が、このメディアを自分たちに都合よく統制する図式が世界中に広がっています。海賊党は、ネット規制や特許期間の延長に反対し、ネット弱者を擁護して権力に対抗する力を結集しようとしています」と浜本さんは言う。

 スウェーデンで発祥し、ドイツで勢力を伸ばした海賊党。ふざけた名前だと批判されがちだが、かつてナチス・ドイツの青少年団体に対抗して「エーデルワイス海賊団」が結成された歴史をもち、パロディーやジョークの文化があるヨーロッパでは、若者を中心にポジティブに受け止められた。

「ドイツ海賊党は、ネットを駆使して党員や市民から政策提案を受け入れる新しいガバナンス(統治)の実験をしています。『液体民主主義』という一種の直接民主主義を組み込んだ政治システム、従来のトップダウンではないボトムアップ型をめざします。2012年の州議会選挙で躍進して、現在、州議会議員45人(海賊党系無所属1人含む)、党員は約3万1000人です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る