「海賊党の思想」浜本隆志氏

公開日:  更新日:

<「ドイツ海賊党が主張するネットの自由、政治の透明化は大きな社会的テーマです」>

「今日、インターネットは日常生活で不可欠なメディアですが、ネット資本や権力をもつ側が、このメディアを自分たちに都合よく統制する図式が世界中に広がっています。海賊党は、ネット規制や特許期間の延長に反対し、ネット弱者を擁護して権力に対抗する力を結集しようとしています」と浜本さんは言う。

 スウェーデンで発祥し、ドイツで勢力を伸ばした海賊党。ふざけた名前だと批判されがちだが、かつてナチス・ドイツの青少年団体に対抗して「エーデルワイス海賊団」が結成された歴史をもち、パロディーやジョークの文化があるヨーロッパでは、若者を中心にポジティブに受け止められた。

「ドイツ海賊党は、ネットを駆使して党員や市民から政策提案を受け入れる新しいガバナンス(統治)の実験をしています。『液体民主主義』という一種の直接民主主義を組み込んだ政治システム、従来のトップダウンではないボトムアップ型をめざします。2012年の州議会選挙で躍進して、現在、州議会議員45人(海賊党系無所属1人含む)、党員は約3万1000人です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る