「ペルソナの鎖」北國浩二著

公開日:  更新日:

<一気読みの長編サイコミステリー>

 警視庁捜査1課の花形刑事・氷室は、非番の日に立川署の田神に頼まれ、同署を訪ねる。

 不審者で任意同行された男が、氷室としか話をしないと言っているという。取調室にいたのは、中学時代の同級生の土谷だった。土谷のワナにはまった氷室は、彼に暴力をふるった疑いをかけられ、謹慎処分に。

 やがて、土谷の車から発見された洋服が、誘拐された少女が身に着けていた服と判明するが、土谷は入院先の病院から姿を消していた。氷室は、いじめの被害者だった土谷が当時の加害者に復讐を始めたのではないかと疑う。

 謎が謎を呼ぶ、一気読み必至の長編サイコミステリー。
(新潮社 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る