「維新政府の密偵たち」大日方純夫著

公開日: 更新日:

<維新の裏面史をあぶり出す力作>

 明治政府の情報収集を担った密偵の実像とその活動を追った歴史読み物。

 大隈重信の回想録によると、維新当初、世情が不安定になり、陰謀・暗殺が多発したため、明治政府は一種の探偵ともいうべき弾正台、廃藩置県後は監部を置いて人心の動きを探ろうとしたという。当時、政府直属の密偵として不平士族の動静を探るために動いた荘村省三や、キリスト教の動静を探索した安藤劉太郎らの活動の実際、組織の仕組み、そして彼らの末路まで。陰の存在の活動を史料を駆使してよみがえらせる。江戸時代の忍者・隠密から、近代警察機構登場までの端境期に暗躍した密偵たちの存在から維新の裏面史をあぶり出した力作。
(吉川弘文館 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

もっと見る