「ポランスキーも小男(チビ)だけど」中平まみ著

公開日: 更新日:

<不倫相手との日々を描くモデル小説>

 ひと月ほど前、「私」は求人雑誌で見つけた「男」の事務所のスタッフ採用面接を受ける。結果は不採用だったが、翌日、男から私設秘書、つまりは交際の申し出があり、応じることに。小男で猪八戒みたいな相をしたその男が語る話から、私は「日のあたる場所」にたどりつくまでの彼の鬱屈と屈折の過去を知る。そして呼び出され、レストランで食事を共にしながら、過去に付き合った男のことを思い出す私は、仕事に精力的で、しかも女にも欲があり、小型車みたいに効率よく小回りが利くのは、小男の特権特徴らしいと思い至る。(表題作)

 かつて不倫交際していた猪瀬直樹・現東京都知事をモデルに描いた短編集。
(展望社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  9. 9

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  10. 10

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

もっと見る