「ポランスキーも小男(チビ)だけど」中平まみ著

公開日:  更新日:

<不倫相手との日々を描くモデル小説>

 ひと月ほど前、「私」は求人雑誌で見つけた「男」の事務所のスタッフ採用面接を受ける。結果は不採用だったが、翌日、男から私設秘書、つまりは交際の申し出があり、応じることに。小男で猪八戒みたいな相をしたその男が語る話から、私は「日のあたる場所」にたどりつくまでの彼の鬱屈と屈折の過去を知る。そして呼び出され、レストランで食事を共にしながら、過去に付き合った男のことを思い出す私は、仕事に精力的で、しかも女にも欲があり、小型車みたいに効率よく小回りが利くのは、小男の特権特徴らしいと思い至る。(表題作)

 かつて不倫交際していた猪瀬直樹・現東京都知事をモデルに描いた短編集。
(展望社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る