「格付けしあう女たち」白河桃子氏

公開日: 更新日:

■「一定基準のない複雑怪奇な人間関係、それが女子カーストです」

 ランチタイムにつるんだり、上司への愚痴に花を咲かせたりと、一見仲が良さそうに見える女性たち。しかし、そこには互いに格付けし合う「女子カースト」が存在していた――。男性は知る由もない、そんな女子世界の実態をひもといたのが本書だ。

「男性の場合はどんな集まりであれ、年齢や年収・地位など社会的なことで上下関係が決まりますが、女性はそうじゃない。社会的な成功のほかにも、“女の幸せ”という曖昧なモノサシのダブルスタンダードになっているんですよ。だからママ友、同級生など所属する集団ごとに張り合う項目が変わるうえ、メンバーがリンクしているとさらにややこしくなる。一定基準のない複雑怪奇な人間関係、それが女子カーストです」

 女子カーストの生まれる経緯はこうだ。まず、婚活や職場など所属する人間関係の中で、会話や身なりからステータスを探り合い、仲間かどうかを確認。それから自分のほうがいかに格上か、幸せかを相手に印象づける“マウンティング”で、カースト内順位が決まっていく。マウンティングの対象は、オシャレか、人脈があるか、独身なら恋愛経験や彼氏の有無、既婚なら夫の年収や企業名、はたまた子どもの学校までに及ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る