• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「そんな仕事ならやめちゃえば?」阿部涼著

 30代中盤に差し掛かる独身の著者が、自身の過去を見つめながら「本当にやりたいこと」を見つけるため、1年かけてさまざまな職を探し求めた実話録。

 大学卒業後に就職も、自身のケガや会社の倒産、結婚破談など、次々に不運に見舞われた著者。

 一向に安定した生活を送れない人生に、「こんなはずじゃなかったのに」と悲観する。

 しかし、ある時、ふと気づいた。「人生が安定することはないんだ」と。

 そう確信した著者は銀座のホステスを皮切りに、山での修行や牧場就労に挑戦。その経験から、少しずつ自らを奮い立たせ、未来を切り開いていこうとする。

 本書の場面ごとに出てくる「本当にやりたいことを見つけるためのヒント」は、独身女性だけでなく、人生につまずく人なら誰でも共感できるものばかり。重い話も痛快に語られているため、楽しみながら人生を変える勇気も与えてくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る