「ペテロの葬列」宮部みゆき著

公開日: 更新日:

■事件が解決したあとからが本当の始まりだった

 昨年放映された小泉孝太郎主演のテレビドラマ「名もなき毒」の原作・杉村三郎シリーズの第3弾(ドラマでは1作目「誰か」が前編、2作目「名もなき毒」が後編)。
 杉村三郎は一大グループ企業・今多コンツェルン会長の外腹の娘を妻に持つという微妙な立場にいるものの、生真面目で家族思いの平凡なサラリーマン。その三郎が奇妙な事件に巻き込まれるというのがシリーズの定型だ。
 取材で訪れた房総で三郎はバスジャックに遭遇する。犯人は拳銃を持った小柄な老人。運転手と乗客6人を人質にバスに立てこもり、3人の人物を探すよう要求する。老人は弁舌巧みに人質たちを掌握するが、動機は不明のまま事件はあっけなく解決する。しかし、本当の事件はここから始まる。老人は籠城中に人質たちにある提案をしていた。そのことで三郎たちは事件の背後に潜む老人の真の動機を探ることになるが、追っていくうちに彼ら自身「悪」という巨大な渦に巻き込まれていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  10. 10

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

もっと見る