• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ペテロの葬列」宮部みゆき著

■事件が解決したあとからが本当の始まりだった

 昨年放映された小泉孝太郎主演のテレビドラマ「名もなき毒」の原作・杉村三郎シリーズの第3弾(ドラマでは1作目「誰か」が前編、2作目「名もなき毒」が後編)。
 杉村三郎は一大グループ企業・今多コンツェルン会長の外腹の娘を妻に持つという微妙な立場にいるものの、生真面目で家族思いの平凡なサラリーマン。その三郎が奇妙な事件に巻き込まれるというのがシリーズの定型だ。
 取材で訪れた房総で三郎はバスジャックに遭遇する。犯人は拳銃を持った小柄な老人。運転手と乗客6人を人質にバスに立てこもり、3人の人物を探すよう要求する。老人は弁舌巧みに人質たちを掌握するが、動機は不明のまま事件はあっけなく解決する。しかし、本当の事件はここから始まる。老人は籠城中に人質たちにある提案をしていた。そのことで三郎たちは事件の背後に潜む老人の真の動機を探ることになるが、追っていくうちに彼ら自身「悪」という巨大な渦に巻き込まれていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る