• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ペテロの葬列」宮部みゆき著

■事件が解決したあとからが本当の始まりだった

 昨年放映された小泉孝太郎主演のテレビドラマ「名もなき毒」の原作・杉村三郎シリーズの第3弾(ドラマでは1作目「誰か」が前編、2作目「名もなき毒」が後編)。
 杉村三郎は一大グループ企業・今多コンツェルン会長の外腹の娘を妻に持つという微妙な立場にいるものの、生真面目で家族思いの平凡なサラリーマン。その三郎が奇妙な事件に巻き込まれるというのがシリーズの定型だ。
 取材で訪れた房総で三郎はバスジャックに遭遇する。犯人は拳銃を持った小柄な老人。運転手と乗客6人を人質にバスに立てこもり、3人の人物を探すよう要求する。老人は弁舌巧みに人質たちを掌握するが、動機は不明のまま事件はあっけなく解決する。しかし、本当の事件はここから始まる。老人は籠城中に人質たちにある提案をしていた。そのことで三郎たちは事件の背後に潜む老人の真の動機を探ることになるが、追っていくうちに彼ら自身「悪」という巨大な渦に巻き込まれていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る