「官能教育」植島啓司氏

公開日:  更新日:

■「男女雇用均等法のおかげで不倫のリスクも差がなくなりました」

 今のご時世、不倫をしようものなら手厳しく糾弾される傾向がある。なぜ不倫はいけないのか。男女の愛のありようが前近代的な狭義でとらえられることの不幸を論じたのが本書だ。

「芸能人の不倫騒動がマスコミの餌食になるけれど、実際のところは皆不倫していますよね。僕の周りで不倫していない人はいないし。自由な気持ちになれたことは悪いことじゃないと思いますよ。昔は不倫というと、女性の負担が大きかったけれど、今は男女間の差がなくなりましたからね。男女雇用機会均等法以来、やっと成果が出てきた気がします(笑い)」

■年齢の7掛けの気持ちで恋愛を楽しもう

 これだけ離婚率が高くなった現代、婚姻制度そのものが破綻しているともいえるのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る