「歪曲捜査ケンカ刑事が暴く警察の実態」飛松五男著

公開日: 更新日:

■元刑事が警察の腐敗ぶりを告発

 兵庫県警の元刑事が、自らの体験を通して警察の腐敗ぶりを告発する。

 そもそも捜査官は基本的な捜査をしていれば無実の人を逮捕するようなことはないと断言。現役時代、氏は一件でも冤罪事件を起こしてしまったら切腹するつもりでそのための刀も用意して捜査に臨んでいたという。情報提供者には自費で協力費を支払い、協力者が罪を犯せば容赦なく逮捕もした。しかし、組織では組織ぐるみで裏金づくりや、保険証の名義を貸して社会保険詐欺に加担、さらに暴力団との癒着などが横行。そうした不正を指摘して、壮絶ないじめにも遭遇したという。紹介される警察の腐敗ぶりに開いた口が塞がらなくなる。
(第三書館 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  8. 8

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

  9. 9

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

  10. 10

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

もっと見る