• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「理系の女の生き方ガイド」宇野賀津子、坂東昌子著

■海外の大学への留学歴は女性学者に有利!?

 ド派手なサクセス物語から一転してスキャンダルへ転落したSTAP騒動。それでも「リケジョ」(理系女子)の進出は止まらない!?

■リケジョの生き方

 リケジョはいかなることで苦労し、いかなることで得をするのか。理想のリケジョになるには何を配慮し、何を主張すべきなのか。著者2人はまだ女性学者が文系でさえ少数派だった時代、ともに京大で発生学(生物学)と物理学をそれぞれ学んで研究者になった経験を踏まえ、これからリケジョを目指そうとする後進にアドバイスする。

 実験などの共同研究で活発に討論する理系はたくさん仲間ができ、就職にも有利。また女性なら生活者の視点を生かした新しい発想ができやすく、男が気づかない問題点や解決策にたどりつくことも少なくないという。面白いのは理系で一番難しいと思われがちな医学部が、実は女性の進出に好意的でない面があること。外科を目指した女性研修医が頭ごなしに結婚も子育てもあきらめろと言われたり、女性ほど古い医局制度の弊害の犠牲になりやすかったりするというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

もっと見る