【大人のためのオトナ本】必須基礎知識編 断る時、謝罪する時こそ試される

公開日: 更新日:

■「大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート」櫻井弘監修

 大人になったら相手に言いにくいことも言わねばならないし、失敗したら謝罪しなければならない。そんな時、大人としての言い回しを知っていれば、相手を怒らせたりしなくて済む。例えば、取引先と何か解釈の違いがあった時はやんわりと「内容に齟齬(そご)があるようですが……」と言って、相談の余地があるかどうか、尋ねてみよう。今後も付き合いたい相手からの申し出を断る時は「今回は見送らせてください」と、次回以降の可能性を残す言い方に。シチュエーションに合わせた言い方が載っているので便利。

(永岡書店 1000円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る

人気キーワード