【大人のためのオトナ本】必須基礎知識編 断る時、謝罪する時こそ試される

公開日: 更新日:

■「波平は『相続』であわてない!」長谷川裕雅著

 平成27年から改正相続法が施行されるので、大した財産はないと思っていても課税される可能性がある。例えば、娘のサザエさん一家が同居している磯野家を例にすると、家自体は古くて資産価値はないが土地の評価額はなんと1億5000万円! 630万円もの増税になる。

 波平が死んだ場合、妻のフネと、子どものサザエ、カツオ、ワカメは相続人だが、血族ではないサザエの夫・マスオと、孫のタラオは相続人にはなれない。だが、波平に隠し子がいたら、その人物は相続人になる。磯野家をモデルにした分かりやすい相続のマニュアル本。

(文藝春秋 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  5. 5

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る

人気キーワード