「知ってても偉くないUSA語録」町山智浩著

公開日: 更新日:

■減刑を勝ち取って有名になった「twinkies」って何だ!?

 渡米しておよそ10年。ハリウッドをはじめアメリカ芸能界の事情通コラムニストにとどまらず、隠れた傑作、佳作を探し出す映画評論家、また近ごろでは時事評論まで手がけるようになった著者。「週刊文春」連載コラムを集めた本書はアメリカの新語・流行語を取り上げて解説。しかしあまりに特殊な俗語やアホくさい意味だったりするので「知ってても偉くない」というわけだ。

 たとえばaffluenza。これは甘やかされた金持ちのドラ息子の罪を軽くするために弁護士が口走った「金持ち病」の意味。twinkiesは頭痛がするほど甘いチョコの商品名だが、これも殺人事件の裁判で弁護士が刑を軽くするために「twinkiesを食べまくるぐらい精神が異常だったのです」とやって減刑を勝ち取ったことで有名になったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  10. 10

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る