• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「知ってても偉くないUSA語録」町山智浩著

■減刑を勝ち取って有名になった「twinkies」って何だ!?

 渡米しておよそ10年。ハリウッドをはじめアメリカ芸能界の事情通コラムニストにとどまらず、隠れた傑作、佳作を探し出す映画評論家、また近ごろでは時事評論まで手がけるようになった著者。「週刊文春」連載コラムを集めた本書はアメリカの新語・流行語を取り上げて解説。しかしあまりに特殊な俗語やアホくさい意味だったりするので「知ってても偉くない」というわけだ。

 たとえばaffluenza。これは甘やかされた金持ちのドラ息子の罪を軽くするために弁護士が口走った「金持ち病」の意味。twinkiesは頭痛がするほど甘いチョコの商品名だが、これも殺人事件の裁判で弁護士が刑を軽くするために「twinkiesを食べまくるぐらい精神が異常だったのです」とやって減刑を勝ち取ったことで有名になったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る