「知ってても偉くないUSA語録」町山智浩著

公開日: 更新日:

■減刑を勝ち取って有名になった「twinkies」って何だ!?

 渡米しておよそ10年。ハリウッドをはじめアメリカ芸能界の事情通コラムニストにとどまらず、隠れた傑作、佳作を探し出す映画評論家、また近ごろでは時事評論まで手がけるようになった著者。「週刊文春」連載コラムを集めた本書はアメリカの新語・流行語を取り上げて解説。しかしあまりに特殊な俗語やアホくさい意味だったりするので「知ってても偉くない」というわけだ。

 たとえばaffluenza。これは甘やかされた金持ちのドラ息子の罪を軽くするために弁護士が口走った「金持ち病」の意味。twinkiesは頭痛がするほど甘いチョコの商品名だが、これも殺人事件の裁判で弁護士が刑を軽くするために「twinkiesを食べまくるぐらい精神が異常だったのです」とやって減刑を勝ち取ったことで有名になったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る

人気キーワード