「チェンジ!認知症」日本農業新聞取材班著

公開日:  更新日:

 日本の老人性認知症患者は280万人を超え、65歳以上の4人に1人が認知症または認知症予備群といわれている。本書では、全国の各地域で始まっている、認知症支援の実態をリポートしている。

 福井県若狭町では、認知症を学び早期発見を促すためのグループ活動が盛んに行われている。町内7カ所で月1回程度、ご近所さんが集まって体調を報告しあったり、認知症の悩みを打ち明けあったり、脳を鍛えるゲームなどを行う。鳥取県琴浦町では、無料の認知症検査を毎年1回実施し、早期発見につなげている。

 自宅で認知症の患者をみるためのひと工夫も紹介。本書を読めば、もはや認知症を恥ずかしく感じたり、隠さなければならない病気ではなくなったことが分かってくる。
(こぶし書房 900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る