「チェンジ!認知症」日本農業新聞取材班著

公開日:  更新日:

 日本の老人性認知症患者は280万人を超え、65歳以上の4人に1人が認知症または認知症予備群といわれている。本書では、全国の各地域で始まっている、認知症支援の実態をリポートしている。

 福井県若狭町では、認知症を学び早期発見を促すためのグループ活動が盛んに行われている。町内7カ所で月1回程度、ご近所さんが集まって体調を報告しあったり、認知症の悩みを打ち明けあったり、脳を鍛えるゲームなどを行う。鳥取県琴浦町では、無料の認知症検査を毎年1回実施し、早期発見につなげている。

 自宅で認知症の患者をみるためのひと工夫も紹介。本書を読めば、もはや認知症を恥ずかしく感じたり、隠さなければならない病気ではなくなったことが分かってくる。
(こぶし書房 900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る