「チェンジ!認知症」日本農業新聞取材班著

公開日: 更新日:

 日本の老人性認知症患者は280万人を超え、65歳以上の4人に1人が認知症または認知症予備群といわれている。本書では、全国の各地域で始まっている、認知症支援の実態をリポートしている。

 福井県若狭町では、認知症を学び早期発見を促すためのグループ活動が盛んに行われている。町内7カ所で月1回程度、ご近所さんが集まって体調を報告しあったり、認知症の悩みを打ち明けあったり、脳を鍛えるゲームなどを行う。鳥取県琴浦町では、無料の認知症検査を毎年1回実施し、早期発見につなげている。

 自宅で認知症の患者をみるためのひと工夫も紹介。本書を読めば、もはや認知症を恥ずかしく感じたり、隠さなければならない病気ではなくなったことが分かってくる。
(こぶし書房 900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る