「高血圧はほっとくのが一番」松本光正著

公開日: 更新日:

 2000年まで、高血圧の基準値は上が180だった。ところがこれがどんどん下がり、2008年以降は上が130を超えると高血圧症とされ、降圧剤が処方されるようになった。
 高血圧のリスクを説く画期的な科学的根拠が発表されたわけでもないのに、ただひたすら基準値を下げた背景にあるのは、製薬会社と医師の癒着による“患者増やし”をおいてほかにないと本書。何しろ、かつて高血圧患者2000人を対象に厚生労働省が行った調査では、降圧剤を使用した人とそうでない人の間に、脳卒中の発症や死亡率の差が表れなかったという。

 さらに、日本で一番売れている降圧剤について、データを改ざんしたインチキ論文が発表されていることも明らかにしていく。
(講談社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る

人気キーワード