「高血圧はほっとくのが一番」松本光正著

公開日:  更新日:

 2000年まで、高血圧の基準値は上が180だった。ところがこれがどんどん下がり、2008年以降は上が130を超えると高血圧症とされ、降圧剤が処方されるようになった。
 高血圧のリスクを説く画期的な科学的根拠が発表されたわけでもないのに、ただひたすら基準値を下げた背景にあるのは、製薬会社と医師の癒着による“患者増やし”をおいてほかにないと本書。何しろ、かつて高血圧患者2000人を対象に厚生労働省が行った調査では、降圧剤を使用した人とそうでない人の間に、脳卒中の発症や死亡率の差が表れなかったという。

 さらに、日本で一番売れている降圧剤について、データを改ざんしたインチキ論文が発表されていることも明らかにしていく。
(講談社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る