「高血圧はほっとくのが一番」松本光正著

公開日: 更新日:

 2000年まで、高血圧の基準値は上が180だった。ところがこれがどんどん下がり、2008年以降は上が130を超えると高血圧症とされ、降圧剤が処方されるようになった。
 高血圧のリスクを説く画期的な科学的根拠が発表されたわけでもないのに、ただひたすら基準値を下げた背景にあるのは、製薬会社と医師の癒着による“患者増やし”をおいてほかにないと本書。何しろ、かつて高血圧患者2000人を対象に厚生労働省が行った調査では、降圧剤を使用した人とそうでない人の間に、脳卒中の発症や死亡率の差が表れなかったという。

 さらに、日本で一番売れている降圧剤について、データを改ざんしたインチキ論文が発表されていることも明らかにしていく。
(講談社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  6. 6

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  7. 7

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  8. 8

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  9. 9

    米倉涼子ガッポリは今だけ? 独立1年の痛恨「戦略ミス」

  10. 10

    新疑惑!東北新社元社長が菅首相に送った“謎の献金50万円”

もっと見る

人気キーワード