「腰・肩・ ひざは「ねじって」治す」山内英雄・島泰三著

公開日:  更新日:

“ゴッドハンド”を持つヨガの達人と、動物生態学者が、体の歪みを正して関節の痛みを和らげるリセットトレーニングを伝授。体をねじったり回したりすることで姿勢をリセットし、関節の可動性を高めるメソッドは、どれも5分程度でできる簡単なものばかりだ。

 長引く腰痛に悩まされている人は、脚を伸ばして座って胸を張り、前屈しながら右を向き、左を向き、腰をねじる動作をしてみよう。背中、腰回り、ひざ裏と広い範囲の筋肉がほぐれ、腰痛を軽くするのに役立つそうだ。

 年を取るとひざが痛くなるのは仕方がないと諦める人も多いが、これもリセット可能。立った姿勢からやや腰を落とし、両膝を掴んで大きく内側に回すだけだ。一度お試しあれ。

(中央公論新社 800円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る