「ルポ 介護独身」山村基毅氏

公開日:  更新日:

 非婚、少子化、超高齢化社会、そして2000年にスタートした介護保険による「介護の在宅化」の流れが加速する中で、独身者が親を介護する「介護独身」が、今、急激に増えている。本書は、新しい社会問題になりつつある独身者による介護の実態に斬り込んだルポルタージュだ。

「親の介護が必要になったとき、それを担うのは独身者が圧倒的に多く今の中心年齢層は40代、50代です。結婚している兄弟姉妹からは『独身だから時間の融通がきくでしょ』と暗に押し付けられ、親もヘルパーなど他人の世話になりたくないと言いだすと、独身者は自分がやるしかないと考えるんですね。もちろん何とかなると楽観視する面もあります。だけど、いざ介護が始まると、多くの人が独身ならではの“闇”に陥るんです」

 多くの場合、独身の介護者は親と2人暮らしだ。そのため、介護に追われ友人や同僚と付き合いがなくなり、言葉を交わすのは病院かケアマネジャーのみとなる。日々、変化する症状に一人で対応しているうちに精神的にも肉体的にも疲労が降り積もっていく――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る