• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「怪談四代記 八雲のいたずら」小泉凡著

 著者は、没後110年を迎えたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の直系曽孫。本書は、小泉家で語り継がれる怪談や、子孫が遭遇した怪異を紹介しながら一族の歴史を語るエッセー集。

 ギリシャで生まれ、父親の祖国・アイルランドで幼少期を過ごしたハーンが、乳母のキャサリンから聞いたという猫の総会に紛れ込んで大金を得た男の話をはじめ、ハーンが妻のセツに語り部、作家活動のアシスタントの役割を期待するようになった怪談「鳥取の布団」、ハーンの長男・一雄が骨董屋で買った如意輪観音にまつわる奇譚など。

 小泉家4代の不思議なエピソードが満載。

(講談社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る