「怪談四代記 八雲のいたずら」小泉凡著

公開日: 更新日:

 著者は、没後110年を迎えたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の直系曽孫。本書は、小泉家で語り継がれる怪談や、子孫が遭遇した怪異を紹介しながら一族の歴史を語るエッセー集。

 ギリシャで生まれ、父親の祖国・アイルランドで幼少期を過ごしたハーンが、乳母のキャサリンから聞いたという猫の総会に紛れ込んで大金を得た男の話をはじめ、ハーンが妻のセツに語り部、作家活動のアシスタントの役割を期待するようになった怪談「鳥取の布団」、ハーンの長男・一雄が骨董屋で買った如意輪観音にまつわる奇譚など。

 小泉家4代の不思議なエピソードが満載。

(講談社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  9. 9

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る

人気キーワード