「怪談四代記 八雲のいたずら」小泉凡著

公開日: 更新日:

 著者は、没後110年を迎えたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の直系曽孫。本書は、小泉家で語り継がれる怪談や、子孫が遭遇した怪異を紹介しながら一族の歴史を語るエッセー集。

 ギリシャで生まれ、父親の祖国・アイルランドで幼少期を過ごしたハーンが、乳母のキャサリンから聞いたという猫の総会に紛れ込んで大金を得た男の話をはじめ、ハーンが妻のセツに語り部、作家活動のアシスタントの役割を期待するようになった怪談「鳥取の布団」、ハーンの長男・一雄が骨董屋で買った如意輪観音にまつわる奇譚など。

 小泉家4代の不思議なエピソードが満載。

(講談社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る