「後妻業」黒川博行著

公開日:  更新日:

 91歳になる中瀬耕造は、結婚相談所で知り合った22歳下の小夜子と同居していた。耕造は結婚を望んだが小夜子は籍を入れるのを固辞、内縁の妻に納まった。その耕造が脳梗塞で倒れた。父の危篤の知らせを受け駆けつけた2人の娘は、そこで耕造がほとんどの資産を小夜子に遺贈する公正証書を作成していたことを知る。

 疑念を抱いた姉妹は弁護士に相談。弁護士から小夜子の身辺調査を依頼された興信所の調査員・本多は元大阪府警の刑事。不祥事を起こして警察を辞め、今は探偵稼業で禄を食んでいた。

 本多は、これは小夜子と結婚相談所の経営者・柏木とが手を組んだ「後妻業」だと見抜く。結婚紹介所に登録した資産家の独居老人に小夜子が後添いとして入り込み資産を巻き上げるのだ。小夜子は過去にも何人もの老人から財産を詐取し、いずれも不審な死を遂げていた。カネのにおいを嗅ぎつけた本多は、柏木・小夜子を追い詰めて自らもおこぼれにあずかろうとするが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る