• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「後妻業」黒川博行著

 91歳になる中瀬耕造は、結婚相談所で知り合った22歳下の小夜子と同居していた。耕造は結婚を望んだが小夜子は籍を入れるのを固辞、内縁の妻に納まった。その耕造が脳梗塞で倒れた。父の危篤の知らせを受け駆けつけた2人の娘は、そこで耕造がほとんどの資産を小夜子に遺贈する公正証書を作成していたことを知る。

 疑念を抱いた姉妹は弁護士に相談。弁護士から小夜子の身辺調査を依頼された興信所の調査員・本多は元大阪府警の刑事。不祥事を起こして警察を辞め、今は探偵稼業で禄を食んでいた。

 本多は、これは小夜子と結婚相談所の経営者・柏木とが手を組んだ「後妻業」だと見抜く。結婚紹介所に登録した資産家の独居老人に小夜子が後添いとして入り込み資産を巻き上げるのだ。小夜子は過去にも何人もの老人から財産を詐取し、いずれも不審な死を遂げていた。カネのにおいを嗅ぎつけた本多は、柏木・小夜子を追い詰めて自らもおこぼれにあずかろうとするが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る