「酔うために地球はぐるぐるまわってる」椎名誠著

公開日: 更新日:

 これまで240冊もの本を書いてきた椎名誠にして、初めての全編酒だけのエッセー集。登場する酒の種類は実に多彩。青トウガラシを入れたトマトジュースで割って飲むテキーラ(メキシコ)。馬の乳を革袋に入れて攪拌してつくる馬乳酒(モンゴル)。蒸したイモを唾液と混ぜ合わせて出来上がる口噛み酒(ニューギニア)。焼酎の中にまだ動いているコブラの心臓を入れて飲むコブラ酒(ベトナム)。ココヤシの花芯から出てくる樹液を自然発酵させたヤシ酒(フィリピン)。さらには、本場スコットランドと日本の山崎・白州で味わうシングルモルト・ウイスキー……。

 しかし、最も熱い思いで語られるのはビール。「ビールがいつも旅人を助けてくれた」という章にはさまざまなシチュエーションでのビールとの出合いが語られる。炎天下で行われた映画撮影の後、宿に帰って飲む冷えたビール。小説を書き上げた徹夜明けのビール。堤防の突堤で釣り竿を垂らしながら飲むビール…。猛暑の中、本書を読むと、きんと冷えたビールが飲みたくなること必定!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る