• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「酔うために地球はぐるぐるまわってる」椎名誠著

 これまで240冊もの本を書いてきた椎名誠にして、初めての全編酒だけのエッセー集。登場する酒の種類は実に多彩。青トウガラシを入れたトマトジュースで割って飲むテキーラ(メキシコ)。馬の乳を革袋に入れて攪拌してつくる馬乳酒(モンゴル)。蒸したイモを唾液と混ぜ合わせて出来上がる口噛み酒(ニューギニア)。焼酎の中にまだ動いているコブラの心臓を入れて飲むコブラ酒(ベトナム)。ココヤシの花芯から出てくる樹液を自然発酵させたヤシ酒(フィリピン)。さらには、本場スコットランドと日本の山崎・白州で味わうシングルモルト・ウイスキー……。

 しかし、最も熱い思いで語られるのはビール。「ビールがいつも旅人を助けてくれた」という章にはさまざまなシチュエーションでのビールとの出合いが語られる。炎天下で行われた映画撮影の後、宿に帰って飲む冷えたビール。小説を書き上げた徹夜明けのビール。堤防の突堤で釣り竿を垂らしながら飲むビール…。猛暑の中、本書を読むと、きんと冷えたビールが飲みたくなること必定!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る