「荒神」 宮部みゆき著

公開日:  更新日:

 蓑吉少年はたった一人、わずかな月明かりを頼りに、深夜の山道を駆け下りていく。寝静まっていた村に、何か恐ろしいことが起きている…。

 時は元禄。東北の山あいで隣り合う長津野藩と香山藩は、戦乱の時代以来、因縁の対立を続けていた。長津野藩では、曽谷弾正なる藩主側近が専横し、恐れられていた。香山藩では、側室が産んだ子が不審死。不穏な気配が漂うなか、香山藩に属する仁谷村が何者かに襲われ、一夜にして壊滅した。家は無残に打ち壊され、焼かれ、村人は一人残らず姿を消していた。どうやら、とんでもない怪物の仕業らしい。

 山で気を失って倒れていた蓑吉は長津野藩領内で助けられた。弾正の妹・朱音、用心棒の宗栄など、心やさしき人々は、傷ついた蓑吉をかくまう。一方の香山藩では、藩主小姓の小日向直弥が、幼なじみの足跡を追って山に分け入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る