「銀翼のイカロス」池井戸潤著

公開日:  更新日:

 ご存じ半沢直樹シリーズの最新作。東京中央銀行営業第2部次長、半沢直樹は、破綻寸前の巨大企業、帝国航空の担当を言い渡される。実効性のない同社の再建策を見直し、修正再建計画をまとめよ。頭取の指名によるミッションだった。

 この担当替えを快く思わない前任者、危機意識が欠如した帝国航空側の抵抗をはねのけて、半沢とそのチームは、自主再建を可能にする再建策を練り上げる。そして政府による有識者会議のお墨付きを得た。

 ちょうどそのころ、衆議院選挙で、クリーンな政治を標榜する進政党が歴史的な政権交代を果たす。目玉人事として、元女子アナ議員が国土交通大臣に抜擢され、記者会見の席上で、前政権の有識者会議による修正再建計画を白紙撤回、私的な再生タスクフォースの立ち上げを宣言する。帝国航空の再建を政治ショーの道具にしてなるものか。戦いを挑む半沢たちの前に、やがて巨大な敵が姿を現す。この難関に、頭取も行員もバンカー魂を問われ、苦渋の選択を迫られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る