• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「銀翼のイカロス」池井戸潤著

 ご存じ半沢直樹シリーズの最新作。東京中央銀行営業第2部次長、半沢直樹は、破綻寸前の巨大企業、帝国航空の担当を言い渡される。実効性のない同社の再建策を見直し、修正再建計画をまとめよ。頭取の指名によるミッションだった。

 この担当替えを快く思わない前任者、危機意識が欠如した帝国航空側の抵抗をはねのけて、半沢とそのチームは、自主再建を可能にする再建策を練り上げる。そして政府による有識者会議のお墨付きを得た。

 ちょうどそのころ、衆議院選挙で、クリーンな政治を標榜する進政党が歴史的な政権交代を果たす。目玉人事として、元女子アナ議員が国土交通大臣に抜擢され、記者会見の席上で、前政権の有識者会議による修正再建計画を白紙撤回、私的な再生タスクフォースの立ち上げを宣言する。帝国航空の再建を政治ショーの道具にしてなるものか。戦いを挑む半沢たちの前に、やがて巨大な敵が姿を現す。この難関に、頭取も行員もバンカー魂を問われ、苦渋の選択を迫られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る