怪談で残暑を乗り切ろう編

公開日: 更新日:

 盛りは過ぎたとはいえ、まだまだ猛暑は続くが、そろそろエアコンに頼っていないで、電力の要らない涼み方に切り替えよう。クラシックな方法だが、幽霊や妖怪の力を借りるという風流な涼み方がオススメ。読み終えた後、一瞬、すうっと背筋が寒くなる4冊を紹介する。

 妖怪に出合う旅にいざなってくれるのが、この道の権威で文芸評論家の東雅夫、加門七海の両センセイがまとめた「ぼくらは怪談巡礼団」(KADOKAWA 1400円)だ。

 怪談専門雑誌「幽」の編集長でありながら、霊感ゼロの東編集長、カメラマンMOTOKO、アシスタントU、編集者R、加門のメンバーによる怪談ツアーは泉鏡花の「夜叉ケ池」や柳田國男の「遠野物語」の舞台など、全国を巡り歩くが、東京にも心霊スポットはいくつかある。

<本所七不思議>のひとつが、水中から、釣った魚を置いていけという声がするという〈置いてけ堀〉。その“堀”跡認定地が、商店がひしめく錦糸町駅北側、大横川の公園にある。恐ろしげな雰囲気もなかったが、園内のある一点に近づくと、突然、メンバーに異変が起きた。Uさんがめまいを起こし悲鳴を上げると、続いてMOTOKO氏の悲鳴が聞こえ、なぜか東編集長は激しくよろめき、R氏はうめき声を上げる…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る

人気キーワード