• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男も萌えるアクアリウム入門編

 たとえ束の間であっても、男にとっては誰にも邪魔されない癒やしの時間と空間は何よりも欲しいもの。そんな心の底からの欲求に、無口な美女のごとく静かに寄り添ってくれるのがアクアリウムだ。最近では、水のゆらぎや水中の造形に吸い寄せられていく男たちが急増中。今回はそんなアクアリウムの魅力たっぷりの本を4冊ご紹介!単なる水槽オタクと侮れない、素晴らしくも美しい水の世界に溺れてみてはいかが?

 魚を飼うための水槽という概念をひっくり返した「水草水槽」というジャンルの楽しさを紹介したのが「すばらしきインドア大自然 水草水槽のせかい」(タナカカツキ著 リトルモア 1500円)だ。

 水槽といえば魚を飼うためのものとばかり思っていた漫画家の著者が、「水草水槽」というカルチャーに出合ったのは数年前。何度水替えしてもほんの数日で水が濁って臭いにおいを発していた金魚の水槽が、水草を入れたことで劇的に環境が改善したのがきっかけだった。魚よりもむしろ水草が主役になる水草水槽は、水の中に水草や石や流木を配置して立体的な絵画を作り上げていく「水景画」なる世界。実は世界中にファンが多くいて、毎年「世界水草レイアウトコンテスト」が開催されているというから驚く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る