男も萌えるアクアリウム入門編

公開日: 更新日:

 たとえ束の間であっても、男にとっては誰にも邪魔されない癒やしの時間と空間は何よりも欲しいもの。そんな心の底からの欲求に、無口な美女のごとく静かに寄り添ってくれるのがアクアリウムだ。最近では、水のゆらぎや水中の造形に吸い寄せられていく男たちが急増中。今回はそんなアクアリウムの魅力たっぷりの本を4冊ご紹介!単なる水槽オタクと侮れない、素晴らしくも美しい水の世界に溺れてみてはいかが?

 魚を飼うための水槽という概念をひっくり返した「水草水槽」というジャンルの楽しさを紹介したのが「すばらしきインドア大自然 水草水槽のせかい」(タナカカツキ著 リトルモア 1500円)だ。

 水槽といえば魚を飼うためのものとばかり思っていた漫画家の著者が、「水草水槽」というカルチャーに出合ったのは数年前。何度水替えしてもほんの数日で水が濁って臭いにおいを発していた金魚の水槽が、水草を入れたことで劇的に環境が改善したのがきっかけだった。魚よりもむしろ水草が主役になる水草水槽は、水の中に水草や石や流木を配置して立体的な絵画を作り上げていく「水景画」なる世界。実は世界中にファンが多くいて、毎年「世界水草レイアウトコンテスト」が開催されているというから驚く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る