北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「サンリオSF文庫総解説」牧眞司、大森望編

公開日: 更新日:

 現存しない文庫のガイドブックとは素晴らしい。サンリオSF文庫は1978年に創刊されて1987年に休刊。その間刊行されたのは197冊。本書表4の惹句から引けば、「SFといえばスペースファンタジーのことだった時代に、宇宙ともファンタジーともほぼ関係のない先鋭的なラインアップを組み、一部の海外SFマニア/海外文学愛好者の間にセンセーションを巻き起こした」伝説の文庫レーベルである。つまり30年近く前に休刊した叢書なのである。もちろん現在はすべて絶版。新刊書店に行っても売っていない。

 入手するには古本屋を駆けまわらなければならない。そういう叢書のガイドブックにはたして意味はあるのか。そうおっしゃる人もいるかもしれないが、これが読み物として抜群に面白いのだ。

 編集顧問だった山野浩一の回顧インタビューをはじめ、当時の解説者や関係者のエッセーなどがたくさん収められているので、その裏側の話がてんこ盛り。出版に興味のある読者ならたっぷりと楽しめるだろう。私は熱烈なSF愛好者ではないのだが、それでも本書を楽しく読んだのはそういう理由による。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る