北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「サンリオSF文庫総解説」牧眞司、大森望編

公開日:  更新日:

 現存しない文庫のガイドブックとは素晴らしい。サンリオSF文庫は1978年に創刊されて1987年に休刊。その間刊行されたのは197冊。本書表4の惹句から引けば、「SFといえばスペースファンタジーのことだった時代に、宇宙ともファンタジーともほぼ関係のない先鋭的なラインアップを組み、一部の海外SFマニア/海外文学愛好者の間にセンセーションを巻き起こした」伝説の文庫レーベルである。つまり30年近く前に休刊した叢書なのである。もちろん現在はすべて絶版。新刊書店に行っても売っていない。

 入手するには古本屋を駆けまわらなければならない。そういう叢書のガイドブックにはたして意味はあるのか。そうおっしゃる人もいるかもしれないが、これが読み物として抜群に面白いのだ。

 編集顧問だった山野浩一の回顧インタビューをはじめ、当時の解説者や関係者のエッセーなどがたくさん収められているので、その裏側の話がてんこ盛り。出版に興味のある読者ならたっぷりと楽しめるだろう。私は熱烈なSF愛好者ではないのだが、それでも本書を楽しく読んだのはそういう理由による。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る