北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「桃のひこばえ」梶よう子著

公開日:  更新日:

 御薬園同心水上草介、との副題通り、草花の知識をいかしながら人々の悩みを解きほぐすのんびり屋の同心、水上草介を主人公とするシリーズの第2弾。

 どのくらいのんびりしているかというと、誰かが冗談を言って皆が笑い終えたのちに、一拍置いてから、ひとり噴き出すくらいだから、のんびりというよりも、著しく反応が遅いといったほうがいい。水上なのに水草と言われたときも、同心長屋へ戻り、夕餉を食っている最中に、「もしや芯がなさそうなという意味か」とようやく気がつくほどだから、頼りないというほうが正確かもしれない。

 しかし読めば誰もがこの男を好きになる。それは草花への愛が突出しているからだ。そのケタはずれの愛がのんびり屋に芯を与えている。今回は、しっかり者で堅物の吉沢という見習同心が登場して、水上草介と対比されるのがキモ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る