北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「桃のひこばえ」梶よう子著

公開日:  更新日:

 御薬園同心水上草介、との副題通り、草花の知識をいかしながら人々の悩みを解きほぐすのんびり屋の同心、水上草介を主人公とするシリーズの第2弾。

 どのくらいのんびりしているかというと、誰かが冗談を言って皆が笑い終えたのちに、一拍置いてから、ひとり噴き出すくらいだから、のんびりというよりも、著しく反応が遅いといったほうがいい。水上なのに水草と言われたときも、同心長屋へ戻り、夕餉を食っている最中に、「もしや芯がなさそうなという意味か」とようやく気がつくほどだから、頼りないというほうが正確かもしれない。

 しかし読めば誰もがこの男を好きになる。それは草花への愛が突出しているからだ。そのケタはずれの愛がのんびり屋に芯を与えている。今回は、しっかり者で堅物の吉沢という見習同心が登場して、水上草介と対比されるのがキモ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る