• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「スタープレイヤー」恒川光太郎著

 もしも10の願いが叶えられるとしたらどうする? ただし、抽象的だったり観念的な願いはダメ。つまり「幸せになりたい」という願いは具体性がないのでダメ。あとは物理法則の土台を変えてしまうような願いもダメ。願いが決まったらボードに文章の形で書くと審査され、それが通ると確定する。

 一番大きな問題は、あなたのいる場所は地球ではなく、どこかの惑星であることだ。くじに当たった瞬間に、そこへ飛ばされるのである。元の世界に戻るとの願いは、スタートから100日後にならないと叶えられず、戻ったら残りの願いの数にかかわらず終了となる─―というのが、斉藤夕月、34歳無職に舞い込んだ状況である。

 道を歩いていたら、いきなり男が現れて、くじを引けと言われ、引いたら1等のスタープレイヤーが当たったと言われるのだ。物語は意外な方向にどんどんズレていき、さすがは恒川光太郎、たっぷりと読ませるが、どういう物語が展開するかは読んでのお楽しみにしておこう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る