北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「スタープレイヤー」恒川光太郎著

公開日:  更新日:

 もしも10の願いが叶えられるとしたらどうする? ただし、抽象的だったり観念的な願いはダメ。つまり「幸せになりたい」という願いは具体性がないのでダメ。あとは物理法則の土台を変えてしまうような願いもダメ。願いが決まったらボードに文章の形で書くと審査され、それが通ると確定する。

 一番大きな問題は、あなたのいる場所は地球ではなく、どこかの惑星であることだ。くじに当たった瞬間に、そこへ飛ばされるのである。元の世界に戻るとの願いは、スタートから100日後にならないと叶えられず、戻ったら残りの願いの数にかかわらず終了となる─―というのが、斉藤夕月、34歳無職に舞い込んだ状況である。

 道を歩いていたら、いきなり男が現れて、くじを引けと言われ、引いたら1等のスタープレイヤーが当たったと言われるのだ。物語は意外な方向にどんどんズレていき、さすがは恒川光太郎、たっぷりと読ませるが、どういう物語が展開するかは読んでのお楽しみにしておこう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る