• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「緑内障の最新治療」平松類著、植田俊彦監修

 緑内障は、眼圧が高くなることで目の神経がダメージを受け、徐々に視野が欠け、やがて失明する病気だ。片方の視野が欠けてももう片方で補われてしまうため、多くの人が発症に気づかずに悪化させている。

 本書では、日本人の失明原因の第1位である緑内障について、その仕組みや新薬、最新治療などについて詳述している。

 新薬としては、間もなく使用が開始される「Rhoキナーゼ阻害薬」に期待が集まる。緑内障の治療には眼圧を下げる目薬が用いられるが、この新薬はもともと脳の薬として用いられてきたもので、血流をよくする効果も併せ持つことで緑内障への高い効果が注目されている。

 他にも、iPS細胞による再生医療や、遺伝子治療の現状についても解説している。

(時事通信社 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る