北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ゲームセットにはまだ早い」須賀しのぶ著

公開日: 更新日:

 いやあ、すごいぞ。最近これだけ面白い野球小説も珍しい。とにかく涙が止まらないのだ。感動丸かじりの野球小説だ。

 舞台は、アマチュア野球。プロの世界にNPBと独立リーグがあるように、アマチュアの世界には、企業チームとクラブチームがある。ここで描かれるのは後者だ。会社の支援がある社会人野球と違い、クラブチームはそういう支援もないので、選手はそれぞれの職場で働きながら試合をしなければならない。

 ここで主役となる新潟の三香田ヴィクトリーは、町おこしの一環としてつくられたチームなので、地元企業の応援がある。専用のグラウンドもある。クラブチームとしてはまだ恵まれているほうだ。それでも、職場で働く時間がきたらグラウンドを離れなければならない。

 嘘みたいな話だが、三香田ヴィクトリーはそういう局面に遭遇する。それが都市対抗第2次予選の準決勝戦だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る