北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ゲームセットにはまだ早い」須賀しのぶ著

公開日: 更新日:

 いやあ、すごいぞ。最近これだけ面白い野球小説も珍しい。とにかく涙が止まらないのだ。感動丸かじりの野球小説だ。

 舞台は、アマチュア野球。プロの世界にNPBと独立リーグがあるように、アマチュアの世界には、企業チームとクラブチームがある。ここで描かれるのは後者だ。会社の支援がある社会人野球と違い、クラブチームはそういう支援もないので、選手はそれぞれの職場で働きながら試合をしなければならない。

 ここで主役となる新潟の三香田ヴィクトリーは、町おこしの一環としてつくられたチームなので、地元企業の応援がある。専用のグラウンドもある。クラブチームとしてはまだ恵まれているほうだ。それでも、職場で働く時間がきたらグラウンドを離れなければならない。

 嘘みたいな話だが、三香田ヴィクトリーはそういう局面に遭遇する。それが都市対抗第2次予選の準決勝戦だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る