「売国」真山仁著

公開日:  更新日:

 物語の主人公は父親の遺志を継いで宇宙ロケット開発の夢に挑む八反田遥と、東京地方検察庁公判部の検察官・冨永真一とのふたり。

 宇宙航空研究センターのエース・寺島光太郎のもとで研究ができるようになった遥は、ロケット開発の夢をかなえようと希望に燃えていたが、予算なしには一歩も動かせない宇宙開発の現実や国防問題をからめた米国からの圧力など、多くの問題点に気づき始める。

 一方の冨永は、ある殺人事件での功績が認められて東京地検特捜部に異動を命ぜられ、宇宙開発に関わる大物政治家の収賄疑惑を追いかけることに。

 そんな折、大学時代からの親友が謎のメッセージを残して失踪した上に特定秘密保護法違反の疑いをかけられ、冨永自身にも危険な火の粉が降りかかるのだが…。

 経済小説「ハゲタカ」シリーズなど数々の社会問題を扱ってきた著者による、宇宙開発を巡る政治的な策略を描いた長編小説。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る