「アイネクライネナハトムジーク」伊坂幸太郎著

公開日: 更新日:

 小さな波紋は、コンピューターのシステム管理者が妻に逃げられたことから始まった。ショックに陥った管理者は思わず机を蹴飛ばし、その勢いで棚が倒れてハードディスクが破損。驚いた後輩社員が手にしていた缶コーヒーをバックアップの入ったテープ媒体にこぼしてしまう。そして失われたデータを補うために、後輩社員は街頭アンケートをするのだが、そこである女性と知り合う――。

 何げない男女の出会いを描いたかに見える冒頭の「アイネクライネ」だが、ここにはさまざまな伏線が仕掛けられており、続く「ライトヘビー」ではその伏線のひとつを膨らませながら新たな伏線が仕組まれ、そして次には……という具合に、最後の「ナハトムジーク」に至る6つの物語が複雑に絡まり合いながらひとつにつながっていく。

 小さな奇跡がきっかけとなって思わぬ人々が関係づけられていき、そこにまた小さな奇跡が生まれるという、著者には珍しく、恋愛を核とした連作短編集。軽妙な語り口、洒落た警句、張り巡らされた伏線と、伊坂作品のエッセンスもたっぷり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る