「街場の戦争論」内田樹著

公開日: 更新日:

「僕たちが今いるのは、二つの戦争つまり『負けた戦争』と『これから起こる次の戦争』にはさまれた戦争間期ではないか」

 そんな著者の皮膚感覚が、この本の土台にある。前の戦争で失ったものを問い直すことなく経済最優先で突っ走り、アメリカの従属国であることにあまりにも無自覚。改憲、特定秘密保護法、集団的自衛権と、国を危機に陥れる政策ばかり推し進める安倍政権を支持する多数の国民。かくして日本は「戦争のできる国」になろうとしている。
 この国はなぜこんなふうになってしまったのか。独自の視座から今を読み解き、知的想像力を働かせて近未来を予測する。

 前の戦争で、日本は自力では敗北の検証ができないほど、ひどい負け方をした。そして主権を失ったまま70年もの間、「主権国家のように振る舞ってきた」との指摘に目を開かされる。日本は主権国家ではないと考えれば、この国で起きているおかしなことの説明がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る