「街場の戦争論」内田樹著

公開日:  更新日:

「僕たちが今いるのは、二つの戦争つまり『負けた戦争』と『これから起こる次の戦争』にはさまれた戦争間期ではないか」

 そんな著者の皮膚感覚が、この本の土台にある。前の戦争で失ったものを問い直すことなく経済最優先で突っ走り、アメリカの従属国であることにあまりにも無自覚。改憲、特定秘密保護法、集団的自衛権と、国を危機に陥れる政策ばかり推し進める安倍政権を支持する多数の国民。かくして日本は「戦争のできる国」になろうとしている。
 この国はなぜこんなふうになってしまったのか。独自の視座から今を読み解き、知的想像力を働かせて近未来を予測する。

 前の戦争で、日本は自力では敗北の検証ができないほど、ひどい負け方をした。そして主権を失ったまま70年もの間、「主権国家のように振る舞ってきた」との指摘に目を開かされる。日本は主権国家ではないと考えれば、この国で起きているおかしなことの説明がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る